本文へ移動する

アクセスカウンター

合計:201867
今日:130
昨日:148
現在:0

TEL 0852-26-4437

「難病ALSに理解と愛を」~伝わるよろこび、理解するよろこび~

松江城北公民館 » 「難病ALSに理解と愛を」~伝わるよろこび、理解するよろこび~

11月9日、北堀三・四・五区が対象となる2班のヘルスプランが行われました。松江市の保健師さんによる健康チェックとお話の後、 難病ALS闘病中の中永秀繁さんのお話がありました。秀繁さんは残念ながら入院中で外出が難しいため、奥さんの智恵さんの お話と、友人の玉野二三男さんによるギターと歌の演奏がありました。 県外や幼馴染のお友達、ご近所の方たちなど約50名の皆さんが集まってくださり、智恵さんのお話に耳を傾けました。ALS(筋委縮性側索硬化症)は手足や喉、舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉がだんだんやせて力がなくなっていく難病です。それでも五十音表やパソコン などの道具を使って、自分の気持ちを伝えることの喜びを感じていらっしゃる素晴らしさが伝わってきました。いつも明るい奥様やご家族の皆さんの支えがあってのことと思いますが、地域でも応援していきたいものです。 秀繁さん作詞、玉野さん作曲の歌はどれも温かい言葉とメロディーに溢れ、優しい歌声にのって心に沁みていきました。

このページの先頭へ