本文へ移動する

アクセスカウンター

合計:257016
今日:161
昨日:45
現在:0

TEL 0852-26-4437

あそび塾雪遊びをしました

松江城北公民館 » あそび塾雪遊びをしました

 1月は冬日がほとんどなく、雪のない穏やかな天候が続き、計画したあそび塾の行事の一つ「雪遊び」を開催できるかどうか心配な日々が続きました。2月に入り天気予報で雪マークの日があり、これに期待・・・6日、やっと雪が降りました。立春という暦の上で春が始まる日の後、冬型の気圧配置となり、ほぼ1日中降ったので、何とか計画通りに雪遊びができるかもと、ほっとしたところです。

 その後はほとんど雪の降らない日が続き、参加者の方からは「雪がないのでは。」とか、「どこへ行くの?」とか問合せもありましたが、11日、予定した時間に出発。いざ波多交流センターへ・・・途中、9号線沿いには雪がなく、54号線に入っても同様。でも、掛合に入ると雪があり、山にも少し雪が残っている感じ。不安な気持ちの中、波多交流センターに到着しましたが、そこには遊べるだけの雪の量はなく、昨年同様、三瓶山へ移動しました。

 

 ありました!!三瓶山東の原の旧スキー場東側一面、真っ白な雪景色です。

 バスを降りて、集合時間を伝えたのち、雪遊び開始。早速ソリの始まり・・雪合戦も、雪玉づくりや雪だるまづくり。

   

  

 お昼の時間になり、バスで波多交流センターへ移動。スタッフの方につくっていただいた昼食をいただきました。2杯、3杯とおかわりをする子どもたち。スタッフもおかわり。

 時計を見ると、もう午後1時過ぎです。計画では午後4時には公民館へ戻ることにしているので、2時まで、センター内で自由時間。体育館で遊んだり、こたつに入ってお菓子を食べたりといろいろです。

    

  午後2時過ぎ、センターを出発し公民館へ向かいました。途中、木次で休憩し、予定通り4時に公民館へ戻りました。お疲れ様でした。

 

このページの先頭へ