本文へ移動する

アクセスカウンター

合計:243442
今日:35
昨日:150
現在:0

TEL 0852-26-4437

へるぷ城北の活動記録等

松江城北公民館 » へるぷ城北の活動記録等

 城北地区では、今年3月、第五次城北地区地域福祉活動計画をまとめ、城北地区社会福祉協議会を中心として第四次よりさらに拡充させた内容で地域福祉活動に取り組んでいくこととしています。

 この計画をつくるにあたっては、市社会福祉協議会の第五次計画基本方針「10年後を見据えたまちづくり」「やりたいこととできることの選択と集中」「みんなが楽しく参加」の3つを踏まえ、また、アンケートにより最近の課題とニーズ等を把握したうえで議論し、計画としてまとめるようにしています。

 これまでと同様、第五次計画中のいずれの活動についても公民館は大きな関りをもって取り組んでいくこととしていますが、そのための体制、ボランティアの方の参加増も含めた体制の充実と活動に要する資金の確保が課題となっています。そのため、活動に対する理解や協力を得るために必要なことにも取り組んでいるところです。

 さて、今回の話題は、第五次計画の中でこれまでのものを拡充しようとしている「へるぷ城北」です。

 これは、高齢化が進み高齢者だけの世帯が増える中、日常生活の困りごとを気兼ねなく相談し、助け合う仕組みとして平成27年度に創設したものです。地区町内会連合会、地区社会福祉協議会とこの取組に賛同される町内会・自治会の三者の協力を得、資金を提供していただいて取り組んでいます。

 具体的には、草取り、掃除、庭木剪定、買い物などでお困りのとき、コーディネーターに連絡していただき、有償ボランティアを活用して生活支援サービスを受けられた場合、それに要した費用の一部を補助し、または一部を減額補填するというものです。補助か減額のいずれになるかは、どこの有償ボランティアを活用されるのかによることになります。

 それで、平成30年度の申込みの内容では、草取りがほとんど大半を占めていて、買い物は1件でしたが、今年度第一四半期では、その件数が増えています。まだ特定の方だけですが、先日の打合せで、利用者の声を聴いた結果からするとその利用者が増えることも予想されます。なお、有償ボランティアを活用し、へるぷ城北の補助または減額補填を受けることができるのは、この取組に賛同し資金を提供されている町内会・自治会の会員の方に限られます。(現時点では、北堀中丁、北堀後丁、北堀二区、北堀四区、北堀五区、石橋一区、石橋二区、石橋四区、奥谷東、奥谷中、奥谷西原、東奥谷南、東奥谷北、淞北台、うぐいす台の15町内会・自治会の会員の方が対象です。)

 繰り返しにもなりますが、第五次計画で拡充しようとしている活動でもあり、今年度の予算は増やしていますので、どうぞご利用ください。(問合せは、コーディネーター福岡090-7591-4717へ)

このページの先頭へ