本文へ移動する

アクセスカウンター

合計:234863
今日:58
昨日:155
現在:0

TEL 0852-26-4437

バレーボール大会を振り返って

松江城北公民館 » バレーボール大会を振り返って

 令和元年度の市民体育祭(松江市内29地区ごとにチームをつくり、地区対抗試合を開催するとともに交流を深めるというもの)の日程で、バレーボール大会は7月15日(日)開催となり、昨年と比べて約1か月遅く、また一昨年と比べて2週間遅い大会となりました。日に日に暑さが増していくことへの対応で水分補給などについて、いつも以上に注意するよう心掛けて準備に入ることとしました。

 これを受けて、地区のバレーボール大会は、全体調整の中で6月30日(日)開催となり、昨年と比べてほぼ同じときでの開催となりました。

 さて、6月30日は、あいにくの空模様の日で湿度が高いのか、体育館フロアーは動くとキュッキュッという音がして、靴が滑らず適度に止まるような感じの状態でした。男子(男女混成を含む。)の部9チーム、女子の部3チームの参加で、試合形式について、男子の部はふたつのリンクに分かれて競技した後、順位決定戦を行うこととし、女子の部はリーグ戦で順位を決定することとしました。 選手の中には久しぶりの試合という方もおられ、ケガのないようにと願いつつの大会運営となりましたが、応援団の皆さんにも盛り上げていただき熱戦が続きました。 また、交流も深めていただきました。

   

 ただし、残念ながら負傷された方がおられ、すぐに病院へ行って治療を受けていただいた方もおられました。早い回復を願っています。

 そして、地区大会から2週間、城北チーム男女1チームずつつくって練習し、市民体育祭バレーボール大会に参加しました。地区大会と比べて参加チーム数が多いこともあり、早朝からの試合となりました。それで、なかなかエンジン全開とならないところもあってか、残念ながら予選敗退となりました。いずれの試合もシーソーゲームで取ったり取られたりという感じで、惜しい試合が続きました。

 打ち上げを開催し、選手、応援者多くの方に集まっていただき、来年に向けていろいろな話で盛り上がりました。

 参加していただいた皆さん、ありがとうございました。

このページの先頭へ