本文へ移動する

アクセスカウンター

合計:269448
今日:112
昨日:167
現在:0

TEL 0852-26-4437

少しでも前向きに

松江城北公民館 » 少しでも前向きに

 5月中旬に入り夏日の天候が続くようになりました。長袖から半袖の装いへ少しずつ変わってきているようです。

 いつもの年のこの時期であれば、公民館が事務局を担当している団体の総会や理事会が続く週ですが、今回はそうはいかず、文書審議にしたり規模縮小したり、大半が前者の文書審議にして、文書で議決を得、その結果を皆さんに報告するという手法を採用しています。会議を開催すれば、その場で承認されたかどうかを委員・理事の皆さんが知るところとなるのに対し、文書の場合には返信(文書で議決権行使)した後のことがわからないので、集計結果(賛否結果)をお知らせすることになります。

 お互いに顔を合わせることのない状態でのやりとりで、あまり質疑も受けないままに進行しています。町内会連合会、社会福祉協議会、体育協会など各団体の委員等の皆さんのほとんどの方が町内会・自治会から選出された方で、何年かで交代、毎年交代されるところもあります。そうした中、初めて担当される方にとってわからない状態での文書審議ということで、申し訳ありません。

 

 それぞれの事業のスタート時期は、いつもより遅く6月以降としています。現時点では、いつ開催できるようになるのかはっきりとは言えず、できるのかなと言った不安も拭えない状況にあると言えますが、少しでも前向きに考え(甘いと言われるかもしれませんが)て計画し、「集う、学ぶ、結ぶ」公民館で地域の皆さんが活動される日が来ると信じているし、そのための準備をしておきます。

 

 さて、公民館周辺の生垣の剪定というか、約1か月前に行った虎刈りの効果がなくなるくらいに樹木の枝葉が再び伸びたので、再度、機械も使って剪定し始めています。そんなとき、地域の方が落ち葉などを拾い集めてくださり、大変助かりました。

 多くの方に助けていただいて地域活動、公民館活動ができています。正直なところでは不安な気持ちがあるものの、前を向いて進もうと心がけて取り組んでいるところです。

このページの先頭へ