本文へ移動する

アクセスカウンター

合計:275325
今日:195
昨日:191
現在:0

TEL 0852-26-4437

我がまちの最近2

松江城北公民館 » 我がまちの最近2

 今日は11月21日。今年も残りあと1か月余りとなりました。

 城北地区での大きな出来事の一つ、みしまや北堀店閉店から半年以上経過しました。公民館だけで買い物の解決ができるわけではないので、地区内の大きな課題点と捉えて各関連分野の方々に働きかけながら、いい対策を講じられたらといろいろ動いてみました。最近の動きについて、時系列に記載してみます。

[10月3日]

・移動販売について検討していただくようお願いしていたS事業所から回答

・回答の概要は・・移動販売ではなく「地域ステーション」であればできると思う。城北地区内に会員のかたが多くおられるが、利用実績は多くないので、そのあたりの原因調査、需要調査も必要かと思う。地域ステーションは、複数会員の共通の場所であり、会員それぞれで注文した食品、日用品などがS事業所から各ステーションに届けられ(週に1度)、注文した会員がそこから注文品を持ち帰るという仕組みのもの。

[10月8日]

・地域ステーションは、通常少人数単位で開設されているようであるし、それを開設した方がいいのか意見等を求める必要があります。

・意見を求める前に、ステーションとなるところが地区内にあるか事前に調査しておくため、その候補の一つの管理者に経緯、状況などを説明してステーションの可能性を伺いました。結果、快諾されたので、次に開設するかどうかの判断材料集めに入ることとしました。

[10月17日]

・松江市商工サイドの方が来館。最近の動きなどについて知りたいとのこと。

・私から上記のことも含めて状況説明したところ、市内の移動販売の事例について紹介され、そこにも話をしてみることになりました。

[10月25日]

・市から紹介されたI事業所の方で私の知っている方に会い、現状と動きなど説明し移動販売の実施状況を伺いました。

・南平台と東光台で実施(週に2日)されているとのことであり、それを城北でも実施できないのか尋ねたところ、持ち帰り回答するとのこと。

[10月26日]

・地区の方に、最近の状況を教えてほしいということと、私の動きに対する意見を伺いました。

・以前、他の方法で知ったことと同じ内容の回答でしたが、今までよりも遠く離れているところまで出かけて買い物をしているとのこと。安価なものを探したり、安売りの日に出かけていて、自分で行き選んで購入することが大切とのこと。

・週に何度かと決められるのはどうかなとのこと。うーん、ハードルは高い!

[10月29日]

・I事業所から連絡あり。

・現時点では人手のこともあって、さらに城北へというのは困難であるが、見直し検討中のものであり、その結果対応できるようになる可能性はある。後日、連絡、相談等できたらいいと思う。

[11月1日]

・10月25日山陰中央新報記事「買い物送迎試行」について、市社協の方に尋ねたところ、十分な財源はないものの、地域主体で継続できたらと考えているとのこと。

[11月6日]

・市商工サイドの方から電話で進捗状況を質問されたので、上記のことを説明したところ、「いろいろ考えているので」とのことであった。

・地区の方からの話で、生協の利用者数と注文品種数が増えたとのことであり、そうした形で対応しておられる方が一定数あることもわかりました。

 

 以上のとおりです。簡単ではないですね。叱られるかもしれませんが、ときどき「ケ・セラセラ」を歌いたくなることもあるものの、何とか小さな灯りを見つけたいと願っています。 

このページの先頭へ