本文へ移動する

アクセスカウンター

合計:234863
今日:58
昨日:155
現在:0

TEL 0852-26-4437

松江第一中学校に行ってきました

松江城北公民館 » 松江第一中学校に行ってきました

 7月17日、予報では最高気温が30度になるとのこと。そんな日の朝早く、9時から始まる松江第一中学校「校内少年の主張大会」に出席し、中学生の発表(主張)を聞かせていただきました。
 私は小中学生を対象としたあそび塾や青少年健全育成団体の活動に参画し、小中学生の皆さんが生き生きと活躍し健やかに成長されていくことにつながればと願い、地域の同じ願いを持つ方々と一緒に取り組んでいるところです。中学生の皆さんがどんなことに関心を持ち、どんな風に思い行動しておられるのかを知る機会として、昨年に続いて参加させていただき、私たちの活動の参考にもさせていただこうと聞き入っていました。
 発表者は、各学年の代表3名ずつで、計9名の中学生の発表を聞きました。
 部活動を通して得た貴重な体験や気づき、自分の身の回り、家族親戚の方との出来事で自分の行動を振り返って思うこと、最近のニュース、課題として取り上げられていることへの自分の思いなどについて、限られた時間内にまとめ発表されていました。感性豊かでちょっとしたことで大きな変化につながる。発表者の皆さんの熱弁に、感心しながら聞いていました。私は、もう半世紀前のことですが、中学生の頃は部活動が一番の思い出で、貴重な体験や多くの友達ができた思い出多いときです。
 発表された皆さんに大きな拍手を送りました。そして、一番感心したのは、聞く側の生徒の皆さんが、採点のとき以外では静かにして聞いていたことです。当たり前のことかもしれませんが、全校生徒数900名以上の中学生が集まった会場の体育館内は、ざわつくようなようすはなく、発表者の声がよく聞こえていました。すばらしいです。
 この発表会の後、生徒の皆さんにその場に残っていただき、松江第一中学校校区内の四地区、城西、城北、生馬、法吉の各青少年健全育成活動団体の代表者から、各地区の取り組みで中学生の皆さんに参加、スタッフをお願いしたいことの説明などを行いました。そのときも静かに聞いていただき、「以上で説明とお願いのお話を終わります。」と言ったときには、拍手もありました。
 これからどんどん熱くなると思いますが、生徒の皆さんが元気に活躍されることを願いつつ会場を去りました。
 

このページの先頭へ