本文へ移動する

アクセスカウンター

合計:280936
今日:31
昨日:189
現在:0

TEL 0852-26-4437

長年に渡り取り組む事業の中止

松江城北公民館 » 長年に渡り取り組む事業の中止

 7月21日。今日は朝から晴れ→曇り→雨→曇りと目まぐるしく天候が変わり、天気予報を見て用意していた傘を広げたり閉じたり。湿度高めなので、熱中症対策で注視する暑さ指数も高めだと感じます。注意しましょう!

 さて、今年度事業については、新型コロナウイルス感染防止の観点から計画した事業を予定どおり開催するかどうか検討・協議し、その結果中止するとしたものが多くあります。地区の大きな行事「夏まつり」「体育祭」もそうです。

 

 今回は「じゃがいも大作戦」のことについてお知らせです。

 じゃがいも大作戦は、平成17年、地域と城北小学校との協働事業として企画立案され、15年間実施されてきています。地域のじゃがいも名人さん30名前後の方と小学2年生全児童で、じゃがいもの植付け、観察、収穫を行い、そして収穫した芋を使ったカレーライスをみんなでいただくというもの。具体的には、名人さん1人に児童3,4人(できるだけ同じ町内で構成)で1グループをつくり、1グループあたり1,2個のプランターを担当します。大名人さん(現在はJAのご協力により職員さんを大名人として派遣してもらっています。)の指導の下、9月顔合わせ、植付けをし、2、3回の観察を経て12月に収穫しています。年明け1月中旬頃に収穫祭と言って関係者も含め全員で、芋を使ったカレーライスをいただきます。

 顔合わせの様子… 

 観察の様子… 

 収穫祭の様子…  

 地域の皆で子どもたちの健全育成に関わり、また地域の高齢者との世代間交流として、いろいろと工夫も加えながら続けてきた事業ですし、子どもたちや高齢者の方にとってとても思い出深いものになっていると伺っています。

 

 しかしながら、今年度は新型コロナウイルス感染防止の対応が求められ、必要な対策を講じた上で何ができるかを考え取り組むかどうか判断することも求められています。

 こうしたことから、小学校と協議し、できることはないかなど検討してきましたが、9月スタートへの準備期間を考慮した検討期限となり、感染状況も踏まえ結論を出しました。写真をご覧いただくとお分かりいただけるように、観察や収穫祭はこのままでは密集など三つの密を回避することはできそうにありませんし、会場の都合で間隔を開ける工夫も困難に思います。かといってクラスごとにしようと思うと3回同じことをすることになり、スタッフの負担等が大きくなります。などなど・・・感染防止のための対応、そのための学校の対応方針もあります。

 これまでの間、この事業に関わられてきた方を含め、子どもたち、名人さんの皆さんに誠に申し訳ありませんが、今回は中止することとしました。これで途絶えることのないようにしたいと思いますが、この感染の収束が見通せない中、地域学校協働事業について大きな課題も提起された気がします。次に向けて皆さんのご意見も伺いたいと思っています。

このページの先頭へ